空海劇場2018 天に与えられし使命の想像

空海劇場2018 天に与えられし使命の想像

2018.3.24(土)

@宗像ユリックス
イベントホール

about 空海劇場とは

2011年よりスタートした「空海劇場」。
それは、日本の歴史に大きな革新をもたらした 「空海」が築き残した価値と、現代の価値を融合させ、 時代・分野・国境などの境界線にとらわれず、 未来に向けて文化を創造・伝承していくプロジェクト

「空海」とはその名の通り、空と海。
空は宇宙に、海は大地に、境界なく続いています。

空海はかつて、唐への留学の後、福岡に滞在をしていました。
当時の閉塞した日本に疑問を持っていた空海は、福岡を起点に、 その課題を身をもって解決しようとしたのではないでしょうか。
時代の枠組みを突き破り、分野にとらわれることなく 当時の日本を大きくイノベーションさせた空海。

その空海のように、私たちも 国や国籍、企業や市民・アーティストなどの垣根を超え、 共に楽しむ文化活動を通して、 新しい文化を未来へ創造していきます。

福岡と空海のつながり

福岡。ここは空海が「自身の使命」と向き合い、 天からの啓示を受け取った場所。

唐への留学の後、入京が許されずに 福岡に留め置かれた空海。
その足跡は博多や宗像、太宰府に残っています。

「高野山を本拠にすべし」 とのお告げを聞き、密教布教の構想の構築や、 社会改革を進めるべく燃えるような使命感を得たのも、 ここ福岡の地でした。

空海劇場は、空海が福岡に深いゆかりがあったという、 地元の人にもあまり知られていない事実と共に、 彼の行動力や意志、思想が現代を生きる私たちにも 求められていると考え、彼の人物像に注目しています。

whats-kukai 空海とは

あらゆる学問・文芸に精通し、 現代のベースを築いたとも言える 日本史上、 比類のない天才イノベーター

絹本著色弘法大師像
画像:絹本著色弘法大師像

空海(774年〜835年)

平安時代初期の僧。弘法大師で知られる、真言宗の開祖。
宗教家にとどまらず、教育・医学・薬学・鉱業・土木・建築・天文学・地質学の知識から書や詩などの文芸に至るまで多才な才能を発揮。貴族階級の権力闘争など、様々な問題を抱え末期的状況だった当時の社会を変え、貧困に悩む庶民を救おうと各方面に渡る改革を行なった。日本各地に5千を超える「空海伝説」が残っているといわれ、いかに庶民に親しまれていたかが伺える。

空海の功績

多くの人を幸せにしようと、一大起業を展開。
常識や身分にとらわれず、社会を変えていった空海。

日本一のため池・満濃池
画像:日本一のため池・満濃池(出典:ウィキメディア・コモンズ)

平安時代、学校は貴族が官僚を目指すためのものであり、入学ができるのも上流社会の子弟のみであった。空海は、庶民の子どもたちが学問や仏教を学べる学校「綜芸種智院」を設立。また、地域の農地を潤すことで民衆の生活を守ろうと、日本各地で温泉や池を掘り土木事業に尽力。香川県にある日本最大のため池「満濃池」の改修を指揮したときには、現代技術にも匹敵するといわれる土木技術を用いて、工事を成功に導いた。

あの食べ物から、生活の基盤となるあんなものまで。
空海は、現代人にも多くのものをもたらしていた。

讃岐うどん<空海が唐から持ち帰ったと云われている>
画像:讃岐うどん<空海が唐から持ち帰ったと云われている>

唐に留学していた空海が最先端の大陸文化を持ち帰り、日本では新文化が花開いた。小麦の栽培方法や、うどんや饅頭の源流となる製法技術なども、空海が伝えたと言われている。また、「日・月・火・水・木・金・土」という曜日の概念や、牡羊座・牡牛座といった星占いも、空海が唐から持ち帰った書物「宿曜経」より日本で広まったとされており、空海がいなければ私たち現代人の暮らしも、今とは違ったものになっていたかもしれない。

過去の空海劇場

空海劇場2018
天に与えられし使命の想像

2018.03.24(土)
宗像ユリックス イベントホール
開始 15:30 終演 18:45(受付 15:00〜)
S席 10,000円 A席 8,000円 B席 5,000円

会場一体となって感動を分かち合う─。
五感で感じる舞台「空海劇場」をぜひご体感ください。